格差社会: 何が問題なのか

Front Cover
岩波書店, 2006 - Japan - 212 pages
0 Reviews
低所得労働者の増大、新しい貧困層の出現、奪われる機会の平等...。教育や雇用などあらゆる場で格差が拡大するなか、いま日本社会に何が起きているのか。格差問題の第一人者である著者が、様々な統計データによって、格差の現状を詳細に検証し、不平等化が進行する日本社会のゆくえを問う。格差論の決定版。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information