入門日本の太鼓: 民俗、伝統そしてニューウェーブ

Front Cover
平凡社, 2003 - Music - 198 pages
0 Reviews
いま、「日本の太鼓」が熱い注目を浴びている。しかし、意外なことに「太鼓音楽」の成立は、実はごくごく最近の出来事なのだ。神を呼ぶ「呪具」として機能してきた民俗の太鼓。それを芸能の型にまで昇華させた伝統の太鼓。そして、近年飛躍的に進展するニューウェーブの太鼓音楽。熱い、楽しい、奥深い。「日本の太鼓」の魅力を一からとことん解説する、はじめての入門書。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information