ニホンカモシカのたどった道: 野生動物との共生を探る

Front Cover
中央公論新社, Jun 25, 2000 - 184 pages
0 Reviews
九州にニホンカモシカはいるのか―著者が従事した調査は幻の動物の生態を探る目的で始まった。のちに特別天然記念物に指定され、大繁殖したカモシカは、森林乱伐により住みかを追われて植林地に出現。若木を食い荒らして「保護か駆除か」の激しい論争を巻き起こした。野生動物と人間の共生はどうすれば可能なのか。カモシカの研究に半生を捧げ、食害問題の対策に尽力した動物生態学者が、自然保護のあり方を考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information