「しあわせ家族」という嘘: 娘が父を語るとき

Front Cover
創元社, 1997 - Art - 265 pages
0 Reviews
女性の心のSOSを受け止めている著者が、娘の立場から「父」「父性」を考えるサイコ・エッセイ。さまざまな父をもつ9人の娘の心の傷を通して、「しあわせ家族」の病と方向喪失した日本社会を描く。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information