アブラクサスの祭

Front Cover
新潮社, Oct 10, 2001 - Fiction - 152 pages
1 Review
「けっきょく輪廻なんだよなあ、いろんな自分の。...地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天道って、聞いたことあるだろ。じたばたしても、いろんな自分を結局は輪廻していく...」ロックで六道輪廻を突き抜けろ!精神を病みロックに没入する僧浄念が見た輝く世界。現役僧侶による衝撃の芥川賞受賞第一作。

From inside the book

What people are saying - Write a review

Review: アブラクサスの祭 (新潮文庫)

User Review  - rcn - Booklog

06086 Read full review

Contents

Section 1
155
Section 2
157
Section 3
158

2 other sections not shown

Other editions - View all

Bibliographic information