グローバリゼーションと労働法の行方

Front Cover
浜田富士郎, 香川孝三, 大内伸哉
勁草書房, 2003 - Law - 278 pages
0 Reviews
グローバリゼーションの波に労働法はどのように立ち向かうのか。各国の動向をふまえながら、比較法的なパースペクティブをもって考察する渾身の一冊。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

はしがき
3
第6節グローバリゼーシヨンと労働法の行方
21
第II部ァメリカにおけるグロ一バリゼーシヨンと労働法
27
Copyright

9 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information