コンピュータ翻訳入門

Front Cover
アルク, May 20, 2002 - Computer science - 200 pages
本書で紹介する「コンピュータ翻訳」とは、実務翻訳のコンピュータ分野にかかわる翻訳業務全般を意味する。実際の仕事に活かすことを目的とするものであり、単なる学問としての翻訳理論ではない。本書は、筆者が現場の仕事を通して身につけてきた実践的な翻訳テクニックと、仕事で使えるさまざまなノウハウが詰まった、はじめての独学用翻訳入門書である。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

Introduction コンピュータ翻訳とは?
11
Chapter1 コンピュ工タ翻訳実践講義
37
コンピュータ翻訳の意外な仕事 93
115

5 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information