ショー・シェークスピア・ワイルド移入史: 逍遥と抱月の弟子たち : 市川又彦・坪内士行・本間久雄の研究方法

Front Cover
文化書房博文社, 1999 - Drama - 486 pages
0 Reviews
明治の劇壇を知るには、著者にとって、今は故人となった市川又彦、坪内士行、本間久雄の研究業績を辿ることが一番の近道であった。先ず、市川のショー研究を、歴史的に辿っていくと、坪内逍遙と島村抱月の後ろ姿が見えてくる。次に、市川の同時代の研究者たちを辿っていくと、士行、本間の姿が現れショーについて様々に発言していた事が分ってくる。又、市川、士行、本間たちの研究を、それぞれの立場から辿っていくと三者共通の師であった逍遙と抱月の姿が見えてくる。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

はし力き
51
第3窣市川又彦と笑う哲人バーナードショー
173
第4章市川又彦と日本バーナードショー協会
213

4 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information