シンポジウム経済の大転換と経済学: 金子勝氏の問題提起をめぐって

Front Cover
川上忠雄
法政大学出版局, 2002 - Japan - 248 pages
小泉構造改革の矛盾と日本経済の危機的現状を鋭く批判して、セーフティネットをはじめ、反グローバリズムの諸政策を積極的に提言、ポスト冷戦時代の経済学の課題を問い続ける金子勝氏。氏を囲んで、進行する経済の大転換の核心に迫り、経済学再生の道を探る白熱の討論。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information