テクノクラート小堀遠州: 近江が生んだ才能

Front Cover
サンライズ出版, 2002 - Architecture - 170 pages
0 Reviews
お茶・生け花・和歌・庭造りなどに通じた江戸時代わが国きっての文化人、小堀遠州は、幕府の有能な技術官僚でもあった。生地・長浜をはじめ各地に残る古文書を読み解き、小堀一族の横顔、徳川家光・井伊直孝ら同時代の人物との関係などを通して、その知られざる実像に迫る。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information