デカメロン(I), Volume 1

Front Cover
グーテンベルク21, 1999 - Literary Collections - 214 pages
0 Reviews
近代の夜明け、黒死病(ペスト)が猛威をふるうフィレンツェをのがれて、せめて楽しいひとときを送ろうと10人の男女が郊外の邸宅に集まり、10日をかけて、もちまわりでおもしろおかしい話を語り合う。1日10話、全100話からなる「デカメロン(十日物語)」は、社交と機智とユーモアとエロスの追求に彩られた、ルネサンスの曙を告げる記念碑的作品。第1巻には最初の日から5日めまで、第2巻には6日めから10日までを収めてある。フリッツ・クレーデルによるルネサンス風木版挿し絵収録。
 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information