ビジョナリーであるということ: 慈悲とビジネスをむすんだ奇跡の組織アラヴィンドの物語

Front Cover
ダイヤモンド社, Nov 8, 2012 - Business & Economics - 334 pages
0 Reviews
インド南部の古都マドゥライに、ラリー・ペイジ、クリントン元大統領、ムハマド・ユヌス、ピーター・ドラッカーが注目する組織アラヴィンドがある。わずか11床の小さな病院から始めた彼らは「治せる失明を世界から根絶する」という壮大なビジョンをいかにして実践してきたか。創業者とその一族の軌跡を鮮やかに描き出す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information