三好伊平次の思想史的研究

Front Cover
岩間一雄
三好伊平次研究会, 2004 - Buraku people - 397 pages
明治期において全国に先駆け岡山で部落民自身による自主的運動団体である「備作平民会」の創立者として、また大正期以降は内務省の融和政策立案者として、さらに昭和期には『同和問題の歴史的研究』を著した部落史研究家として知られる三好伊平次の生涯を紹介し、同時代の運動家や理論家と対比させつつ、彼の解放論や歴史論の思想史的分析を行った力作。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

Section 1
285
Section 2
287
Section 3
375

23 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information