事実認定の考え方と実務

Front Cover
民事法研究会, 2008 - Evidence (Law) - 272 pages
裁判官はいかなる心証形成をなし、認定・判断に至るのかを解明!事実に関する争点を要件事実論により分析しつつ、訴訟構造の中に位置づけて解説し、立証活動のあり方を明示!民事裁判にかかわる弁護士、司法書士、裁判官はもとより、法科大学院生の判決文読み解きのテキストとして最適。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information