ことばの巻

Front Cover
岩波書店, Apr 27, 2005 - 425 pages
この巻では、著者の仕事の核であり続けたテーマ、「ことば・本・演劇」についての文章をまとめる。「ら抜き」問題を考え、ことば遊びの効能を説き、本の読み方十箇条を紹介。さらに、演劇に関わりつづけるのはなぜかを語る。てんぷくトリオのコント台本など、貴重な資料も収録。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information