人魚の眠る家

前表紙
幻冬舎, 2015 - 388 ページ
娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の二人。彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前だった。娘がプールで溺れた―。病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか―。

レビュー - レビューを書く

ユーザーの評価

星 5 つ
64
星 4 つ
126
星 3 つ
88
星 2 つ
11
星 1 つ
4

人魚の眠る家

ユーザー レビュー  - ヒューイチ - Booklog

【天空の蜂】や【虚ろな十字架】の所謂、明確な答えが出せない系の問題を取り扱った作品でした。 その問題というのは【脳死】です。 脳死とは何なのかが、この小説を読むと理解できます。 それと子供の臓器提供の実態についても! 私にも今度 ... レビュー全文を読む

人魚の眠る家

ユーザー レビュー  - ocha mii - Booklog

子どもの臓器移植。人の死とは。家族の在り方。人との出会い。 レビュー全文を読む

他の版 - すべて表示

書誌情報