企業分析シナリオ

Front Cover
東洋経済新報社, Jan 24, 2001 - Corporations - 273 pages
本書は、企業に対する評価の変化に合わせて、どのように企業を分析していったらよいのかを中心テーマとしている。具体的には、最近話題になっている、将来事業から稼ぐキャッシュフローの予測をもとに企業を評価する「フリーキャッシュフローモデルによる株主価値」、スタンスチュワート社が提唱している「EVA」「MVA」、日本でもかなり一般化した観がある「ROE」や「ROA」、について、その意味とメリットとデメリットなどを検討した。その上で、それらの指標を使った分析や、それらを高めていくための方策について、企業戦略、財務諸表自体の構成、デュポンシステムを中心とする財務比率、などと関連づけて具体的に考察した。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information