伊勢物語論: 文体・主題・享受

Front Cover
笠間書院, 2001 - Art - 451 pages
相反する二つの時空が交差する『伊勢物語』という世界とは?「都」と「ゐなか」、「男」と「女」、「今」と「昔」。互いに相容れないはずの二つの世界が一つの物語として昇華する伊勢物語。文体・主題・享受の三つの視点から伊勢固有の世界をトータルに掘り下げ、その特質と変貌、享受の歴史を辿る。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

漢籍の引用三九
5
解釈の説明その二七五
7
0 0
38
Copyright

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information