修験道思想の研究

Front Cover
春秋社, 1999 - Art - 1096 pages
本書は修験道の思想をその形成と展開を跡づけたうえで、宇宙観、他界観、観現・不動明王などの崇拝対象、役小角・聖宝などの始祖、人間観、成仏観、救済観の項目のもとに体系的にまとめたものである。その際、成立宗教としての修験道に焦点を置いて、中世末から近世期に成立した教派修験の書物を主要資料とした。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information