個人か集団か?変わる労働と法

Front Cover
勁草書房, 2006 - Law - 303 pages
0 Reviews
新しい労働社会のよって立つ基盤はどうあるべきか?複数の学問分野、外国法、日本の現状からその答えを果敢に問う。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

はじめに一本書の趣旨と要約
1
第2節政治哲学からの考察一中間集団と社会的なものの再編
39
第3節歴史からの考察一日本労働史における集団への注目
60
Copyright

4 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information