個人と国家: 今なぜ立憲主義か

Front Cover
集英社, 2000 - Civil rights - 230 pages
個人、国家、自由、民主、人権、政教分離、そして憲法。自明のこととして普段なに気なく使っているこれらの言葉の持つ本来の意味を考えながら、個人にとって国家とは何か、憲法とは何かを考えていく。あらゆる政治体制が「民主」という名において説明される現代において、「民主主義」という言葉は何も語っておらず、個人が個人として尊重される社会を確立するためには、国家の権力をも制限する立憲主義を再認識して、「憲法」を本気で議論すべきであると著者は説く。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information