“出雲”という思想: 近代日本の抹殺された神々

Front Cover
講談社, 2001 - Izumo Taisha (Sect) - 279 pages
0 Reviews
明治国家における「国体」「近代天皇制」の確立は、“伊勢”=国家神道の勝利であった。その陰で闇に葬られたもう一つの神道・“出雲”。スサノヲやオホクニヌシを主宰神とするこの神学は、復古神道の流れに属しながら、なぜ抹殺されたのか。気鋭の学者が“出雲”という場所をとおし、近代日本のもう一つの思想史を大胆に描く意欲作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information