勧工場の研究: 明治文化とのかかわり

Front Cover
創英社, Mar 27, 2001 - Art - 439 pages
勧工場は明治一一年に設立された東京府営の大型小売業・共同店舗が第一号である。明治一〇年第一回内国勧業博覧会が開催され、その売れ残り商品を東京府が展示販売したのが勧工場物品陳列所である。同一三年民営化、また多くの勧工場が設立され、明治二〇~三〇年代に繁栄し商品の陳列方式、土足のまま店舗に入る方式、正価販売方式などで都市住民の人気を集め、明治の都市文化に大きな影響を与えた。しかし呉服店が百貨店へ転換し消費者を吸引したため勧工場は急速に衰退した。本書は、その勧工場について、正確な実態を総合的に分析したものである。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information