北朝鮮の経済: 起源・形成・崩壊

Front Cover
創文社, 1999 - Art - 251 pages
1945年8月8日に対日参戦したソ連軍は、その直後に朝鮮半島に進攻し、同月20日すぎには北朝鮮(38度線以北)のほぼ全域を支配下においた。これが北朝鮮における共産主義(金日成)政権の始まりであった。本書の課題は、この政権下の北朝鮮経済を実証的および理論的に解明することである。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

第1章農業制度の変革15
2
00マ617111161110110
3
第2章穀物の徴収と生産消費
43

5 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information