千利休: ヒト・モノ・カネ

Front Cover
刀水書房, 1998 - Art - 212 pages
利休好みの茶道具は、日本美の極致、日本人の美意識を支える日本文化の最高の部分である。しかしあまりにも高価な美にまつわる人間の醜を忘れてはいないか?本書は美と醜の複眼の利休論である。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information