千年世紀末の大予言

Front Cover
角川書店, 1996 - Literary Collections - 224 pages
ヨハネやノストラダムスなど、数多の大予言者たちが説いてきた“世界の終末”は、なぜか偶然のごとく、20世紀末に集中していた。偉大な大予言者たちは、もう何百年も前から、この千年世紀末に訪れるであろう終末に対して、警告を発しつづけていたのだ。天変地異や政変が頻発し、世界中を危機感が取り巻くいまこそ知りたい、大予言のすべて!!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (1996)

桐生 操

Bibliographic information