司馬遼太郎短篇全集, Volume 5

Front Cover
文藝春秋, 2005 - Art - 540 pages
司馬遼太郎は言った。「短篇小説を書くというのは、空気を絞って水を滴らすほどのエネルギーがいる」そうして生まれた短篇の豊かな世界を発表順に味わう。第五巻は、『竜馬がゆく』連載開始直前のころの作品。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information