名もない人こそヒーローさ

Front Cover
郁朋社, 2012 - 119 pages
0 Reviews
DNA合成技術の飛躍的進歩で歴史上の天才たちのクローンが地球上に溢れかえる。未来地球の危機を描き出した表題作ほか、環境破壊や自己中心主義の蔓延など倫理観を喪失した人類に警鐘を鳴らすSFファンタジー短編集。
 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information