哲学の五十年

Front Cover
青土社, 1999 - Japan - 382 pages
日本に哲学は可能か。そして思想として根づいているか___。第二次大戦後の五十年余り、日本は様々の局面で激動し、変貌を遂げてきた。その五十余年を哲学者として生きた著者による、外来思想・哲学の移入ではない真の哲学を確立する歩みを多面的に追う。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information