国税局直轄トクチョウの事件簿: 脱税をどう見抜き、暴くのか

Front Cover
ダイヤモンド社, Dec 13, 2012 - Business & Economics - 221 pages
0 Reviews
トクチョウ(特別調査部門)とは、別名「ピンク担当」と呼ばれる、国税局直轄の調査チームのこと。 税務署の案内表示板を見ても、その名前が表示されておらず、その人事配置は国税局が直接指定する。 調査能力に長けた優秀な調査官が集められ、マルサ(査察部)やリョウチョウ(資料調査課)を経験した統括官が調査の指揮を取る。 まさに、国税局直轄の花形調査部門である。 個人課税のトクチョウの主任務は、特定繁華街の掌握。 繁華街の風俗店、飲食店の中から、大口の申告漏れが見つかりそうな店を監視し、調査に入るタイミングを伺っている。 その他、一般調査部門には荷が重い、弁護士、医師、歯科医師といった士業者も、その調査対象である。 磨き抜かれた調査のカンが、わずかな違和感を見逃さずに脱税摘発の端緒をつかむ。 長期の張り込みや、潜入調査も厭わずに、徐々に脱税者を追いつめていく。 脱税者には一歩も引かないという覚悟と、その調査力には「税務署の調査でもここまでやるのか!」と唸らされる。 マルサの内偵部門に17年間在籍し、トクチョウの統括官を務めた元国税調査官が、自身の経験を元にトクチョウの実力を余すところなく描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information