在宅介護家族のストレスとソーシャルサポートに関する健康心理学的研究

Front Cover
風間書房, 2007 - Medical - 143 pages
本研究の目的と構成;在宅介護者の精神的サポートの支援状況と必要性の認識に関する検討;在宅介護者のソーシャルサポートの測定尺度開発の試み;改訂版在宅介護ソーシャルサポート尺度の作成;高齢在宅介護者のソーシャルサポートと主観的健康感の検討:高齢在宅介護者と高齢非介護者との比較;要介護者在宅介護者の続柄からみたソーシャルサポートと介護ストレスの検討;要介護高齢者の寝たきり度・痴呆レベルが在宅介護者のソーシャルサポートおよび主観的健康感に及ぼす効果;在宅介護者ストレスコーピング尺度の作成とソーシャルサポートおよび主観的健康感との関連性の検討;在宅介護者の健康感モデルの構築の試み;在宅介護者の健康感改善のための新たなソーシャルサポートシステムによる介入事例研究;総括的考察

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

第4章在宅介護者のソーシャルサポートの測定尺度開発の
29
第6章高齢在宅介護者のソーシャルサポートと主観的健康
47
第8章要介護高齢者の寝たきり度痴呆レベルが在宅介護
73
Copyright

4 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information