地獄での一季節

Front Cover
グーテンベルク21 - Literary Collections
0 Reviews
フランス象徴派の代表的詩人ランボーの、従来もっぱら「地獄の季節」という訳書名で通用してきた最も有名な散文詩集。この篠沢秀夫訳は、新しい観点から「より真実の意味を掘り起こそうとする」意欲的試みになっている。
 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information