城破りの考古学

Front Cover
藤木久志, 伊藤正義
吉川弘文館, 2001 - Architecture - 346 pages
肥前の名護屋城や島原原城などの廃城跡には、故意に破壊された痕跡がある。それは城郭の生命を断ち切る呪法・作法だったのではないか。戦国期から近世初期に至る城郭破壊の実態を解明し、中世城郭の機能と実像に迫る。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information