大正自由教育と経済恐慌: 大衆化社会と学校教育

Front Cover
三元社, 1997 - Education - 230 pages
大衆化社会・経済恐慌・ファシズムへと社会の枠組みが大きく振れていくなかで、地域社会の個々の現実に、学校教育・教師は、どのような意識をもって、どう対処していったのか。埼玉県をフィールドとして、地域社会・学校・教師の揺れ動く姿を描きだし、近代教育における大衆化の可能性とその転形への道筋をさぐる。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information