孤高を恐れず: 石橋湛山の志

Front Cover
講談社, Feb 15, 1998 - Prime ministers - 314 pages
徒党を組まず、大衆に媚びず、大衆を無視しない政治家・石橋湛山。民権派リベラルの真髄を体現し、権力政治に抗した良心の軌跡を追う。いま、日本の政治は混迷のかぎり、将来への危惧は、日ましに高まるばかり。あらためて良日本主義のすすめを説いた“志”をさぐる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information