家守綺譚

Front Cover
新潮社, 2004 - Japanese fiction - 155 pages
たとえばたとえば。サルスベリの木に惚れられたり。床の間の掛軸から亡友の訪問を受けたり。飼い犬は河瞳と懇意になったり。白木蓮がタツノオトシゴを孕んだり。庭のはずれにマリア様がお出ましになったり。散りぎわの桜が暇乞いに来たり。と、いった次第の本書は、四季おりおりの天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」と、庭つき池つき電燈つき二階屋との、のびやかな交歓の記録である。

What people are saying - Write a review

Review: 家守綺譚 (新潮文庫)

User Review  - kitaharahiroaki - Booklog

2013/03/22 Read full review

Review: 家守綺譚 (新潮文庫)

User Review  - busshozan - Booklog

090404(a 090802) 100625(a 100814) Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information