小宮一慶の経済のことが面白いほどわかる本

Front Cover
ダイヤモンド社, Dec 6, 2012 - Business & Economics - 251 pages
0 Reviews
【内容紹介】 あの経済ニュースの本当の意味がやさしくわかる! 経済を知れば知るほど、ビジネスにも役立つ! ●なぜ日本は不景気なのに円高なの? ●GDPって、私たちの生活とどう関係しているの? ●財政赤字がどんどんふくらむと日本は破綻するの? ●欧州債務危機は、日本にも影響があるの?etc. ニュースでよく聞くGDP、財政、円高、ユーロ危機、日本銀行という5つのテーマを元に、 経済の基本的なしくみ、日本の今とこれからについて、人気コンサルタントがやさしく解説します! 【著者について】 小宮一慶(こみや・かずよし) 経営コンサルタント。株式会社小宮コンサルタンツ代表。 10数社の非常勤取締役や監査役も務める。 1957年大阪府堺市生まれ。京都大学法学部を卒業し、東京銀行に入行。84年から2年間米国ダートマス大学経営大学院に留学し、MBA取得。帰国後、同行で経営戦略情報システムやM&Aに携わったのち、岡本アソシエイツ取締役に転じ、国際コンサルティングにあたる。その間の93年初夏には、カンボジアPKOに国際選挙監視員として参加。94年5月からは日本福祉サービス(現セントケア)企画部長として在宅介護の問題に取り組む。96年に小宮コンサルタンツを設立し、現在に至る。 主な著書に、『社長の教科書』『ドラッカーが『マネジメント』でいちばん伝えたかったこと。』(以上、ダイヤモンド社)、『どんな時代にもサバイバルする会社の「社長力」養成講座』『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』『ビジネスマンのための「数字力」養成講座』『ビジネスマンのための「読書力」養成講座』『どんな時代にもサバイバルする人の「時間力」養成講座』(以上、ディスカバー・トゥエンティワン)、『「1秒!」で財務諸表を読む方法』(東洋経済新報社)、『日経新聞の数字がわかる本』『日経新聞の「本当の読み方」がわかる本』『ハニカム式日経新聞1週間ワークブック』(以上、日経BP社)などがある。 ブログ http://komcon.cocolog-nifty.com/

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information