小林秀雄美と出会う旅

Front Cover
白洲信哉
新潮社, 2002 - Painting, European - 127 pages
ヨーロッパ美術館巡り(ゴッホとの出会い;レンブラントが拓いた近代;モネの光;セザンヌの画面に流れる音楽ほか);日本絵画を語る(「山水長巻」を歩く―雪舟;鷹ケ峰芸術村―本阿弥光悦・俵屋宗達;大好きだった鉄斎翁―富岡鉄斎;魂をときほぐす和音―梅原龍三郎ほか);骨董交遊録(小林秀雄に“狐”をつけた盟友―青山二郎;やきものがとりもった眼敵との縁―秦秀雄;せしめた彫三島の茶碗で牛乳を飲む―瀬津伊之助;ぶんどったり、ぶんどられたり、火花を散らしたライバル―白洲正子ほか)

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

Section 1
7
Section 2
16
Section 3
25
Copyright

5 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information