少国民の錬成と学徒義勇隊: 戦時下の教育改革とその崩壊

Front Cover
都築亨
社会評論社, 1997 - Education - 268 pages
その時、“教育のない時代”が訪れた。学徒動員、学徒義勇隊、学童疎開―昭和初期、現代にも通じる画期的な“教育制度の改革”が構想された。しかし、軍部の台頭とともに、日本近代教育唯一の“教育の空白”をむかえる。俘虜収容所での数奇な体験を綴った「フィリッピン戦線の過客」を収録。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information