屍体七十五步にて死す

Front Cover
沖積舎, 1997 - Art - 315 pages
本書は、鬼才・小栗虫太郎が博覧強記でペダントリーに富んだ作風を作り上げた処女作「或る検事の遺書」から昭和13年3月までに発表された「地中海」までの17篇を収録した探偵小説の醍醐味豊かな作品の数々である。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

Section 1
17
Section 2
29
Section 3
36

13 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information