山崎豊子問題小說の硏究: 社会派「国民作家」の作られ方

Front Cover
社会評論社, 2002 - Language Arts & Disciplines - 425 pages
0 Reviews
作家・山崎豊子が国民作家「山崎豊子」になる過程は、そのまま戦後社会の生んだ社会構造の歪んだ部分を焙り出している。一連の問題小説に何が盛り込まれ、ベストセラーになったかの道筋を追いかけながら、「事実とは何か」を問う。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

Section 1
26
Section 2
45
Section 3
52

44 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information