巨悪

Front Cover
小学館, 2001 - 286 pages
小便とドブの臭いが漂う大阪の場末で育った呂志忠は、裏の世界での足場と人脈を確実に築き、闇社会と中央政財界を手玉にとる巨魁となった。表と裏の世界を巧妙に行き来する彼は、多彩な人脈と話術を駆使してゼネコンを操り、巨額の手形を手に入れることに成功した。一度獲物に食いついたら絶対に離さない呂志忠の虚飾に満ちた野望の構図とは?究極の狙いとは?悪の魅力をいかんなく剔抉する、経済小説の問題作。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information