平和憲法と公共哲学

Front Cover
千葉眞, 小林正弥
晃洋書房, 2007 - Constitutional law - 298 pages
改憲の声が一段と高まりつつある世相のなかで、平和憲法の歴史的意味を探究すると同時に、リアリズムとしての意義、ナショナリズムとしての特質、そしてこれからの公共哲学の形成において中枢を担う制度および基本理念としての平和憲法の可能性について模索する。学際的で多元的な視点からの野心的論集。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information