幸田文のマッチ箱

Front Cover
河出書房新社, 2005 - Art - 234 pages
母の死、父・露伴から受けた厳しい躾、弟の死、継母との関わり...そこから浮かび上がる「渾身」の姿。作家・幸田文はどのように形成されていったのか。その「作品」と「場所」を綿密に探りつつ、幸田文世界の真髄にせまる極上の書き下ろし。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information