幼児の異文化理解及びその教育に関する研究: 日米における日本人幼児の異文化接触類型化を通して

Front Cover
風間書房, 2000 - Education - 140 pages
0 Reviews
幼児期を外国で過ごした体験があり、現在20歳代に成長した若者達が、子ども時代を過ごした地に「帰る」とか「もどる」という言葉とともに、その地を留学先や旅行先に選んだりする姿に出会うことが多くなり、文化的アイデンティティーを考えた時、この「原風景」は重要な位置を占めている。外国から来日して日本の幼稚園に通う幼児や、日本人幼児が、日常、幼稚園や保育園で外国人の子どもと過ごすことも多い。本書は、これらの現実の状況の中から幼児の異文化理解を研究したものである。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

第二章絶対的マイノリティーとしての異文化意識と対応行動11
11
第4節結果と考察
14
第三章相対的マジョリティーとしての異文化意識と対応行動 ー33
33
Copyright

6 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information