庚申信仰

Front Cover
雄山閣, Apr 1, 2003 - Art - 378 pages
本書は年譜篇と島嶼篇を加え三部からなり、この信仰の研究はつくされているが、なお未解決の問題も多いと指摘されている。その問題点とは、老子守庚申求長生経(庚申経)、庚申縁起、庚申の本尊、礼拝対象などの問題、また仏教、修験道、民間の庚申待の習俗・伝承、地方相などの問題である。本書はこれら未解決の課題の解決をめざし、先学の研究のあゆみと業績を確認し、問題点やその視点を明らかにし、さらに今後の研究のステップとなる構成を企図し編さんした。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information