恩寵の谷

Front Cover
新潮社, Jun 25, 1997 - Copper miners - 489 pages
古河鉱業の誘いに導かれて兵庫県生野銀山からやって来た、坑夫取立免状を得たばかりの三人の若い坑夫。彼らは地中に宝を掘り当てるべく懸命に掘り進み、遂に無尽蔵の銅の鉱脈を発見する。日本一の銅山として世界に名を轟かす足尾。だがやがて、鉱毒は野に満ち、彼らの肺は粉塵に侵されて行く...。著者の曾祖父が生きた明治期足尾銅山の歴史、地中に夢を託した若い坑夫の生き方を描く畢生の大作。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information