憑依の視座: 巫女の民俗学

Front Cover
青弓社, 1997 - Body, Mind & Spirit - 220 pages
ホトケ降ろしやハナ寄せといった口寄せ、ムカサリ絵馬や花嫁・花婿人形の奉納などの死の儀礼は、イタコやオナカマといった盲目の巫女を担い手として培われてきた。現在では、その担い手が数少なくなっていったが、晴眼の巫女たちもホトケ降ろしや花嫁・花婿人形の祭祀などのホトケ事を行なうようになり、ムカサリ絵馬や花嫁・花婿人形は一般の人びとが自ら進んで奉納するにいたっている。本書は晴眼の巫女について、フィールドワークを踏まえて論じた。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information