「改革」の条件: 市場主義の貧困を超えて

Front Cover
佐和隆光
岩波書店, 2001 - Business & Economics - 213 pages
「構造改革」で日本は再生するのか。作家・池沢夏樹、財政学者・神野直彦、千葉県知事・堂本暁子の三氏と、編者である佐和隆光氏が連続で行った対談を通して、今こそ掘り下げるべき課題が明確にされる。グローバリゼーションの功罪、日本型政治システムからの脱却、福祉社会の構想、教育の重要性、経済と倫理の再認識など、市場主義の限界を明らかにしながら繰り広げられる多様な論点から、公正で活力ある社会を展望する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information