ドラッカー名著集7 断絶の時代

Front Cover
ダイヤモンド社, Jul 12, 2007 - Business & Economics - 402 pages
0 Reviews
継続の時代の終焉――20世紀半ば、社会と文明における根源的な変化が起こりつつあった。情報化の進展、グローバル経済の出現、知識社会の到来、多元化、そして政府の無力化。本書で予期された変化は、確かに訪れた。そして今なお、余震は続いている。変化の本質を知らなければ、未来を見誤ってしまうだろう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information